絶倫ハーフとルームシェア~えっ…同じベッドで毎晩一緒に?~ 2話 ネタバレ 【ミカの処女を、ユアンが貫通。。。】    

絶倫ハーフとルームシェア~えっ…同じベッドで毎晩一緒に?~ 2話 ネタバレ

 

 

絶倫ハーフとルームシェア~えっ…同じベッドで毎晩一緒に?~  」はハンディコミックで無料お試し読ができます。

無料お試し読みはコチラ

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>絶倫ハーフとルームシェア~えっ…同じベッドで毎晩一緒に?~ <<

絶倫ハーフ」で検索してみてください。

 

 

 

こんにちは。

美紗です。

 

 

 

絶倫ハーフとルームシェア~えっ…同じベッドで毎晩一緒に?~  

こしあんさんの描写が凄くエッチで、

読み応えあります。

 

 

 

2話のネタバレ

(濃いネタバレ含みます。ご注意ください)

 

 

 

 

観光のつもりがデートに行くことになってしまったミカ。

しかし普段はズボンルックで通しているため、スカートが一着しかありません。

 

 

 

しかし、一応着てみたらユアンには大好評。

キュート!!と熱い抱擁をされてしまいます。

ミカが女性向けの服を着慣れていないことも分かったので、今日は二人で服を買うことに。

 

 

 

当初のプランとは違うもののユアンも楽しんでくれているようでミカも一安心ですが、

彼女からトイレから出ていくと、

美人な女性たちと話をするユアンを見つけて胸がズキリと痛む自分を感じます。

 

 

 

本心を隠して「もっと話しててもいい」と語るミカ。

ユアンは即座に断りますが、コンプレックスから来ているものなので気分は晴れません。

 

 

 

その時、偶然にも中島とばったり会います。

車で家まで送ってもらう間も、ミカと中島は幼馴染らしく、昔話に話を咲かせています。

しかしユアンは途中から笑わなくなっていました。

 

 

理由をミカが聞くと、ユアンは「あの人がいたからだ」と言い、

ミカの服を脱がし責め始めます。

いつになく激しい愛撫に、ミカは挿入されてしまうのではと恐れますが、

ユアンは入れないから安心して、と言ってきます。

ただ、初体験を怖がる気持ちがある一方で、彼女の肉体は奥の方を責めて欲しいと疼いていました。

 

 

 

そんな中「早く僕を好きになって受け入れて」と重ねて言われたことで、

ミカはついに彼を受け入れると発言します。

しかし、まだ経験のない中では途中までで目一杯になってしまいますが、

もう止まれなくなってしまったユアンは深々とミカを貫きます。

 

 

 

ユアンはミカの「具合」の良さに驚きながらも、気遣いを忘れず蕩けさせていくのでした。

 

 

 

一方、強烈な初体験を済ませたミカは、仕事にも集中できません。

昨日の交わりの記憶で頭がいっぱいで、

思い出しただけでも濡れてしまうほどに感じてしまっていました。

しかもそこで中島と鉢合わせになってしまいます。

 

 

 

彼からの飲みの誘いを断ったミカでしたが、

その直後中島からアイツと何があったと迫られてしまいます。

さらには無理やりキスをされるに至り、思わずミカは中島を突き飛ばして逃げてしまいました。

 

 

 

中島にキスされながらもユアンのことを思い出す自分に驚くミカでしたが

、それとは別に後をつけられていることを察します。

距離を取る前に後ろから掴まれ連れ込みそうになったミカは

無我夢中で駆け去る中で、人とぶつかります。

 

 

 

反射的に謝るミカでしたが、それは帰宅が遅いのを心配したユアンでした。

ミカが事情を話すと、ユアンはコンビニで警察に通報することを提案、

ミカは守られている感じを味わうのでした。

 

 

 

事情聴取も終わり、シャワーを浴びたミカ。

怪我は掴まれたところが赤くなる程度でしたが、精神的なショックは拭いがたいものがありました。

そんなミカを気遣って、今日はソファーで寝ると言うユアンですが、

ミカはむしろユアンと接することで安心したがっていました。

 

 

 

激しく乳を吸い、乳首を吸う責めを見せるユアンは、

そこからさらに昨日開通し柔らかくなった秘所に狙いを定めます

最初は指で、そして指と舌を使っての合わせ技で徹底的な快感を与えてくるユアンに、

ミカはたまらずイってしまいますが、

ユアンは本番はこれからだよ、と宣言するのでした。

 

 

 

 

2話の感想

 

 

 

ミカとユアン、互いに惹かれている構図が見えてきましたね。

しかし、傷つきながらも一歩引いてしまうミカと、

ジェラシーをストレートに行動へと示すユアン

というような違いがあるのも面白いところでした。

 

 

半ば勢いで初体験に突入した感じですが、

何日もユアンがほぐしていたためか、

かなりうまく行ったようですね。

 

 

ハードな初体験から間がないのに思い出すだけで濡れてくるなんて、

ミカさんは外だけでなく中もエロい感じですね。

 

 

 

しかし、ひどい事件が起こってしまった中でもユアンは冷静で優しく

、ますます株が上がってしまった感じですね。

精神的な面だけでなく、いよいよ「本番」を繰り返していくとなると、

絶倫かそうじゃないかの差がはっきりとしてくるわけで、

ますますミカさんはメロメロになってしまいそうです。

 

 

 

ともあれ、本領発揮の予感を見せるユアンと、

急ピッチでエロくなっていくミカがどうなっていくのか

今後の展開が待たれるところですね。

 

 

 

私が今回読んでるのはコチラのサイト

 

 

⇒ハンディコミック無料お試し読みはコチラ

 

 

絶倫ハーフとルームシェア~えっ…同じベッドで毎晩一緒に?~」で検索してみてください。

 

 

 

⇒次のお話はコチラ